News

Youtubeチャンネル「書人柳田泰山」その52

今回は~【72歳の新しい挑戦!!】書道歴60年の柳田泰山がモダンアートに挑戦した。(福岡天神通り)~です。

よろしければ御視聴・チャンネル登録よろしくお願い致します。

Youtubeチャンネル「書人柳田泰山」その51

今回は~今まで柳田泰山のYouTubeを見て頂きありがとうございました!!~です。

よろしければ御視聴・チャンネル登録よろしくお願い致します。

Youtubeチャンネル「書人柳田泰山」その50

今回は~【メンタルと書道】72歳の柳田泰山がメンタルにハマる理由~です。

よろしければ御視聴・チャンネル登録よろしくお願い致します。

数字の重さ

数字の重さ

今年の泰書展は記念すべき節目の三十回展である。これは、偏に会員諸氏の弛まぬ努力とご尽力の賜である。そして、それを支えて頂いている関係各位の温かいご支援のお陰でもある。最近では、泰書展準備の事を考えながらの日々であるが、走馬灯の如く、泰書會・泰書展の過去の出来事を思い出してしまう。泰書展図録を振り返りながら、「あの時、この様にすれば、こんな結果にならなかったか・・・もっと違う指導があったのではなかろうか・・・」と思うが、結局のところこのままで、自身の力を出し切るしかないと言う結論にはなる・・・。

同時に百時納経も三十年近い道程である。李白の蜀道難の詩「噫吁戲(ああ)危いかな高い哉。蜀道の難しきは青天に上るよりも難し」である。現在九十五箇寺であるから、これも成就する事が見えてきた。それに合わせ、中国との文化交流が動き出した事も百寺納経に拍車がかかった。

三十周年、百寺納経、そして中国文化交流(先々代・泰麓先生から数えて九十四年続いている)はあと数年で百年となる。

書道団体としては日が浅いが、家系として二百年、百寺納経として三十数年、柳田家日中文化交流として九十四年。重みのある数字である。

「書」の歴史は、古代中国にさかのぼり、紀元前三千年頃から中国で文字が使われ始め、文字の発展とともに書道も発展してきた。それから比較すれば、我々のしていることは浅いのかも知れぬ。

なる程、最近どこか重荷を感じ、思い悩まされている部分があった。この数字が原因なのかも知れない。ただ、これは現実であるから、確りと受けとめて邁進しなければならない。

(機関誌 泰斗令和六年四月号 巻頭言より)

数字の重さ

Youtubeチャンネル「書人柳田泰山」その49

今回は~第二十八回泰書展を終えて。~です。

よろしければ御視聴・チャンネル登録よろしくお願い致します。

福岡 柳田泰山書展「神の道」開催のお知らせ

この度、縁あって、福岡で書展を開催する運びとなりました。

今年、上野の森美術館で第二十八回泰書展を開催致しました折、特別展として「アート展」と称し、今までとは違った観点の小展覧会を開催致しました。

書道の概念は文房四寳(墨・筆・紙・硯)から成り立っているものが筋でもあります。然し、近代において文房四寳を使用しながらもモダンアートにと言う表現で「書」の領域が広がりました。賛否両論はありますが、芸術の域としては決して否定も出来ないと私は思っております。ただ、本筋の「書」そのものの鍛錬を怠ってはいけない事も事実であります。

「書」の一点一画は、部分として見ますと美しい線が画かれているのもあります。最たるものは、日本の書芸術として仮名世界がそうではないかと思います。以前、その仮名の線の一部を切り取り拡大をしたところ、一本数ミリの中に活き活きとした線を発見することも出来ました。

現在、楷書を中心とした試行錯誤が顕著になっており、今後の「書」に如何に対峙していくかの模索の心境になっております。今回の様な一つのきっかけで、小さき世界の発見があり、そこから原点回帰に繋がる事を意識しつつもあります。今回の書展は自分に対しての新たなる挑戦の一歩、それが、どの様に「楷書」の道に繋がるかの期待感もあります。

初めての九州での書展、どうか九州・福岡に在住のお知り合いがございましたならば、お知らせして頂き、ご高覧頂ければ幸いです。

私自身、十一月三日(木・祝)・四日(金)の午前十一時より午後五時まで会場におります。お声をかけて頂ければ幸いです。

7月1日

「楷書と私」

「書」は近代では一般的に、漢字、仮名、篆刻を学ぶものと言われている。そして、その中から特に興味を持ったものを見つけて専念する事になる。

私の場合、当然、先代の影響から必然的に楷書を書くようになった。ただ若い時、先代は「仮名も学べ」とよく言っていた。今の印象では楷書と比較する事は出来ないが、仮名もかなりレベルの高い「書」と思っている。そして、日本人であれば仮名の重要性は感じているのではなかろうか。

子供の時から、それとなく泰雲楷法を学び、二十歳過ぎに中国唐代の楷書を見た時の驚きは今も変わらない。今から千四百年前の楷書を、今もって多くの者が学び続けているのがその証である。

仮名は、形が至簡であると言われている。楷書はその反対で繁用的であると思う。そこに「一点一画に祈り、一線に思いはせ、心深くとも、筆意に添わず、墨、黙して答えず、造形未だ風格を示現せず、益々深さを感ずるのみ」と先人の言葉にある。

「書」は己を見いだすものである。では己とは何か? それは六十数年、筆を持ったとしても解らぬものであろうか。冒頭に述べた完備した唐代楷書、その上にさらに構築した先代の楷書…。それらが両輪の如く躍動していても、己の姿が見えぬ。もどかしさの塊である。

「書」の精神性は、技と心の一体性にある。どちらが欠落してもいけない。その精神性には強靱なる魂がなければいけない。楷書の線は強靱でなければならない。美しいものには強さが存在している。それが真の美しさである。悟りではないが、今の正直な心境である。そして楷書に対する熱い思いでもある。

(機関誌泰斗令和4年7月号 巻頭言より)