News

Youtubeチャンネル「書人柳田泰山」その43

今回は~【人生観が赤裸々に!?】神回トークショー!!「書」に明け暮れた72歳、書道家の人生~です。

よろしければ御視聴・チャンネル登録よろしくお願い致します。

ビバルディの四季

ビバルディの四季

地球温暖化のため、世界各地で天候異変が続いております。当然、作物等にも被害が出て、大変な状況が続いております。最近、日本は二季になりつつあると言われております。夏と冬になるのだろうか。自然の変化が異様に感じられます。そして、それは人災が原因であると周知されてます。「四季折々」の言葉は過去の話になってまいります。この原稿を進めている中、「ビバルディの四季」が思い出されました。四季が無くなる・・・。因果関係の無い戯言であります。

「書」との因果関係も無いかも知れません。然し、「書」は自然の中の物を使って用具として使用しております。神は木と水から、墨は木を燃やし煤と膠、筆は動物の毛、硯は自然の石から出来ております。自然の変化は「書」にも影響しかねないものではないでしょうか。

四君子という言葉があります。「蘭菊梅竹」を草木の中の君子として称えた言葉です。季節感があったからこそ、この様な言葉が生まれてきます。

人間も、自然界から生まれたはず。そしてそれを自らの手で壊していく、不思議な生き物であります。「書」を駄目にしたのは書家であるとも言われております。どの分野でも同じ事が言えるでしょう。もちろん未来が暗い訳ではありません。新しく美しい世界が生まれてくる筈と信じております。ただ未来は私には見る事が出来ません。だからこそ、老婆心の戯れ言として述べているだけです。

本部教室でビバルディ「四季」を聴きながらの巻頭言となりました。

(機関誌 泰斗令和五年十一月号 巻頭言より)

ビバルディの四季

Youtubeチャンネル「書人柳田泰山」その42

今回は~【書道家の道具紹介パート3】最高級の硯と墨が登場!!書が上手くなるコツは◯◯を大事にすること。~です。

よろしければ御視聴・チャンネル登録よろしくお願い致します。

Youtubeチャンネル「書人柳田泰山」その41

今回は~【書道家の道具紹介パート2】最高級の紙と印が登場!!書家が道具にこだわる理由とは?~です。

よろしければ御視聴・チャンネル登録よろしくお願い致します。

福岡 柳田泰山書展「神の道」開催のお知らせ

この度、縁あって、福岡で書展を開催する運びとなりました。

今年、上野の森美術館で第二十八回泰書展を開催致しました折、特別展として「アート展」と称し、今までとは違った観点の小展覧会を開催致しました。

書道の概念は文房四寳(墨・筆・紙・硯)から成り立っているものが筋でもあります。然し、近代において文房四寳を使用しながらもモダンアートにと言う表現で「書」の領域が広がりました。賛否両論はありますが、芸術の域としては決して否定も出来ないと私は思っております。ただ、本筋の「書」そのものの鍛錬を怠ってはいけない事も事実であります。

「書」の一点一画は、部分として見ますと美しい線が画かれているのもあります。最たるものは、日本の書芸術として仮名世界がそうではないかと思います。以前、その仮名の線の一部を切り取り拡大をしたところ、一本数ミリの中に活き活きとした線を発見することも出来ました。

現在、楷書を中心とした試行錯誤が顕著になっており、今後の「書」に如何に対峙していくかの模索の心境になっております。今回の様な一つのきっかけで、小さき世界の発見があり、そこから原点回帰に繋がる事を意識しつつもあります。今回の書展は自分に対しての新たなる挑戦の一歩、それが、どの様に「楷書」の道に繋がるかの期待感もあります。

初めての九州での書展、どうか九州・福岡に在住のお知り合いがございましたならば、お知らせして頂き、ご高覧頂ければ幸いです。

私自身、十一月三日(木・祝)・四日(金)の午前十一時より午後五時まで会場におります。お声をかけて頂ければ幸いです。

10月18日

今回は~柳田泰山70歳の仕事風景~です。

よろしければ御視聴・チャンネル登録よろしくお願い致します。

10月6日

繪事後素(かいじはそをのちにす)

論語の言葉である。「絵画では、さまざまな色を塗った後に、白色の絵の具を最後に施して仕上げる・・・」ということを述べている。それは物事の順序であり、さまざまな教養を積んで下地を充分にしたのち礼を学べば、教養が引き立って人格が完成する。自分にってこそばゆい言葉である。

自分は決して、師として「書」を指導している立場ではないと思う。人の師となることは、どの様な根拠と基準によるものか定かではない。それは今の教育にも通ずるであろう。教育はさておき、「下地云々」に話を戻す。絵画だけでなく、「書」にも「繪事後素」がある。「書」を始める時、如何に下地を大切にするかである。下地とは基本運筆であると言えるが、その前段階がある。それは「書」に対する姿勢である。「心技体」の姿勢である。それを疎かにしては、本来の「書」の道から外れる。とは言うものの、現代ではそれが困難な状況とも言える。悩ましいものである。「生業」が大きく立ちはだかっている。この世の中、霞を食べて生きてはいけないのである。然し、書人としての魂を持っている以上、その「生業」と「生き甲斐」の区別をしなくてはならない。「生」以外の「書」もあるであろう。それは仏様に向かっての合掌のようなものである。

この歳になると、人生のカウントダウンが始まる。それは書人としての生き方をも言っている。先ほど述べた「心技体」である。先ず、体力が衰えると「体」が崩れ、一つ崩れれば「心技」にも影響が出てくる。難しい問題である。だからこそ今、生きている自分がベストを尽くさなければならない。いつか来る何かに対して覚悟しなければいけない。心の準備でもある。

「繪事後素」からの連想である。特に、現在、指導させて頂いている方々に感謝、一人一人に真摯なる姿勢で、私の「書」の経験を伝えたく述べたものである。

(機関誌 泰斗令和四年十月号 巻頭言より)