News

Youtubeチャンネル「書人柳田泰山」その7

Youtubeチャンネル「書人柳田泰山」その7

今回は「書家の仕事風景」です。

よろしければ御視聴・チャンネル登録お願い致します。

新倉典生師に捧ぐ

師が患ったと聞いたのが昨年。ただ師の気性からして強気の日々を過ごしておられると思っていた。その間、何度も会う機会があり、集約すれば「五種法師」を私に教え諭してくれていた。私は凡人の、ただ「書」を生き甲斐としている人間。それがいつの間にか、法華経三昧となっていた。数年前、師の計らいで身延山の五重塔に法華経全文を奉納する事が出来た。それから数日後「泰山先生、きっともう一度法華経全文を書くよ・・・」。まさかと思いつつ今日まで時が経ってしまった。それが、何を思ったのか昨年、師に「来年くらいから法華経を書くよ・・・ 」と話をした。

その時の嬉しそうな顔が今だに忘れられない。「よし、それを書き上げたら經本として印刷して全宗派に配ろうよ… 」目を輝かせながら語り合った。師みたいに、凡人の信心もろくにない自分に思いをかけてくれるのは頭が下がる思いである。早く師に見せて上げたい。師と帯同した法華経。たとえ黄泉の国に行っても、私は後から追っかけ、師に法華経全文を渡すつもりである。   

泰斗編集のこの日、師の訃報( 五月一日逝去) を聞かされました。敢えて、師に対する哀悼の言葉として掲
載をさせて頂きました。

新倉典生師に捧ぐ

7月15日

  • 会期
    2016年9月1日(木)〜9月6日(火)
  • 時間
    AM10:00〜PM17:00
    ※最終日はPM15:00まで
  • 会場
    上野の森美術館
  • 住所
    東京都台東区上野公園1-2

主催 泰書会
後援 中華人民共和国駐日本国大使館・上野の森美術館
協力 奈良興福寺

今回の書展は薬師寺納経をはじめ五点の納経作品を出品。文字数にして約一万字の経文となりました。